かぶりんぐ
6ヶ月の失業終了~。 さあ、働くぞおー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

委託訓練中の失業手当
失業手当をもらうのも初めてだし
職安に行くこと自体が嫌で
調査不足だったのですが。

ちょっと前の職安って訓練校っていうのは
大きな職業訓練所みたいなところって決まってて
スキルUPするための場所であったり
いいなと思う講座があっても
なぜか30歳まで限定対象だったりした。

なので、職安にておいしいことはないであろうと
思っていましたが

今回 前の会社で人員整理として退職理由にしたところ
すぐに失業保険がもらえたし
失業認定証があれば 国民年金も免除OKだ

健康保険は任意継続の方が断然安かったし
(退職後20日以内手続き要ねw)
失業ライフは最低限保障された。

失業手当は、離職前の6ヶ月の賃金の合計を180で割った金額の
45%~80%
だいたい5000円くらいの人が多いかな
普通に失業中の人は、求職活動をしながら
28日分ずつ指定口座に振り込まれるんだけど
その間の行動はいちいち報告しなければいけないし
ちょくちょく職安に行かないといけないのが面倒だ

そして年齢、勤続年数によってもらう日数もちがいますが
わたしの場合90日間で8月12日に失業手当て給付終了でした。

11月までの簿記検定までアルバイトをして生活するか
職業訓練委託スクールに入所するか
どちらかの選択をするしかなかったというわけですが
運よく8月4日開校の講座に受かり
どっぷり学業にはいってしまいました。

このスクールの通所期間中は
{失業中にもらっていた手当て×月の日数}+{出席した日×500円}
 +学校までの交通費=おいしいw
となります。

お金をもらって勉強させていただいているのですから
勝手に休んだりできませんが、
病気のときなどは、病院の薬の袋など
証明できるものがあれば 手当ては出るようです。

こんなおいしい制度、今回初めて知ったのですが
同じ講座友達にはリピーター(w)も多く
失業するたびにいろんな講座を受けているんだそうです。

ただし人気があるので倍率は高く
皆さんドリルで勉強をして受けるくらいだというのを聞いて
なんとわたしはラッキーだったのかと(笑)

しかし、集まってきている人間は
元商社マンとか 私立校教師とか
あなた達はこんなとこ来なくても仕事あるでしょがwって感じの方が多い
本当に勉強しないといけない人は
もっと他にいるのになあ。。。。
ここにもプチ二極化があるのだわと感じつつ

母がたっぷり厚生労働省からお金をいただいてる間に
長男の修学旅行がUSJから京都の赤字施設「私のしごと館」
になった現実。。。
許せ!息子よw入場料払って来い!
(結局 払うのはわたしだがw)





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

へ~
そんな制度あったんですね~

そういうのも知ってる人と知らない人ではかなり差がつきますねぇ。。

そうそう、この記事のコメント欄開いた状態での広告はいくつかでてますよ~w
【2005/09/05 01:35】 URL | きよぞ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://huimeizi.blog10.fc2.com/tb.php/50-69c035bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。